【厳選】ゲームバー行くなら絶対やりたいおすすめゲームまとめ【ジャンル別】

ゲームバー行くなら絶対やりたいおすすめゲームをジャンル別にまとめてみました!初心者同士、恋人同士、友達同士でやっても楽しい作品たちを厳選してご紹介します!

最新の人気ゲーム

スーパーマリオオデッセイ

キャプチャーで敵に憑依!敵の特殊能力を生かして攻略!

今回もシリーズ恒例の、クッパがピーチ姫を誘拐し結婚式を挙げるという暴挙に出ています。しかし今回はキャッピーという心強い相棒がいて、キャッピーのおかげでマリオは様々な能力を手に入れることになります。その一つは「帽子アクション」帽子を投げることによって相手を倒したり、アイテムを回収できたりします。そしてマリオオデッセイの最大のポイントは「帽子を投げて敵をキャプチャー」キャプチャーできる敵に帽子を投げるとマリオがその敵に憑依します。そして敵の特殊能力が自分の思うがままに使えてしまうのです!マリオでは通れない道や謎などは敵をキャプチャーする事によって攻略できるかもしれませんね。

スプラトゥーン2

ヒトからイカに、イカからヒトに、自由自在に変身して色を塗りまくれ!

前作のスプラトゥーン1がパワーアップして帰ってきた!自由自在に変身をして相手よりも多く自分たちの色を塗るアクションシューティングゲーム。他にも「サーモンラン」というモードは、2~4人のチームでシャケをシバいてイクラを狩るというシステムで、イクラを稼げば役立つアイテムがもらえます。そして何より盛り上がるのがインターネットに接続して世界中の人と対戦するほか、「Nintendo Switch」を持ち寄りば、ローカル無線通信に対応しているので場所を選ばずどこでもバトルが楽しめます。

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド

リアルに変化する天候、気温、時間の中で大自然を自由に冒険!

今作はハイラル王国が滅亡してから100年後のお話です。しかし青年リンクは一切の記憶を失った状態で、不思議な声に導かれて大地へと踏み出すところから物語がスタートします。広大な大地を駆け、水中を泳ぎ、空を飛ぶ。アイテムを組み合わせた謎解きも魔物との戦いも自由自在です。そして私たちが住む現実世界のようにこのゲームも天候、気温、時間が変化します。リアルだからこそ作品に没頭できるおススメの一作品です。

マリオカート8 デラックス

40種類以上のキャラクターが使えるアクションレーシングゲームで大盛り上がり!

今作は「スーパーマリオ」シリーズ以外に、ゼルダの伝説、どうぶつの森など40種類以上のキャラクターが参戦するアクションレースゲームとなっております。今作はコースから絶対に落ちないハンドルアシスト機能を搭載しておりますので、レースゲームが苦手な人でも気軽に皆でわいわい楽しむことができます。(アシスト機能を切ることもできます)任天堂のゲームといえば家に集まってパーティープレイ!最大8人で遊ぶことができます。さらに全世界のプレイヤーと遊ぶ、インターネット通信は最大12人の対戦が可能です。レースモードの他バトルモードは5種類のルールがあり、8種類のコースを収録しております。有名な『スプラトゥーン』の「デカライン高架下」をモチーフにしたコースあります。

ARMS(アームズ)

様々なゲームモードを個性豊かなファイター達を使って激しくバトル!

自分の手の動きに合わせてファイターが動き、のびるウデ「アーム」でパンチや多彩なアクションを繰り出す格闘スポーツ。ARMSでは各キャラクターごとに能力があり、左右別々に付け替えられるアームの組み合わせで、自分に合った戦術やスタイルを追求できます。ゲームモードも様々で相手をリングに放り込む「バスケット」や、「100人組手」「マトアテ」「バレーボール」など、ARMSの能力を生かしたゲームが収録されているので誰でも気軽に楽しめます。

1-2-Switch(ワンツースイッチ)

プレイ画面を見て戦う時代は終わった!お互いがお互いの目を見て戦う!今までにない対面ゲーム

「画面を見ずにお互いが見つめ合う」という全く新しいコンセプトで作られた対面ゲーム「1-2-Switch」。二人のプレイヤーが見つめ合い全力で戦うゲームが全28種類収録されています。今作ではJoy-Conの新機能である、細かな振動を表現できる「HD振動」や、モノの形や動きを判別できる「モーションIRカメラ」などが存分に体験できます。「コミュニケーションが苦手な人でもゲームを通じて気軽にきっかけづくりになるように」と開発され、プレイしている人はもちろん、それを見ている人も楽しめるゲームとなっております。

スーパーボンバーマン R

あの懐かしのゲームがパワーアップして帰ってきた!みんなで爆弾を置きまくれ!

昔から大人気ゲームだったボンバーマンシリーズがついにニンテンドースイッチで登場!ストーリー的には『スーパーボンバーマン2』『3』のリブート的な側面がありつつ、ボンバーマン八兄弟が悪ボンバー五人衆と戦うというものです。ゲームシステムは基本的に爆弾を設置し、爆風を当てて壁を破壊したり敵に当てて倒したり、昔のユーザーにも馴染み深いシステム制となっておりますので新規の人も昔からボンバーマンを愛してやまない人も楽しく遊ぶことができます。もちろんオンライン対戦にも対応しており、従来シリーズ通り対戦モードはかなり白熱としたバトルが楽しめます。

モンスターハンター ダブルクロス Switch Ver.

大人気狩猟ゲームがSwitchで登場!立ちはだかる凶悪なモンスター達を仲間を集めて狩猟乱舞!

モンスターハンターダブルクロスで新登場した二大メインモンスター「鏖魔ディアブロス」と「バルファルク」によりボリュームを更に増したモンハン。狩猟スタイルも新たに2種類増え、アクション追求型「ブレイヴスタイル」とサポート重視型「レンキンスタイル」合計6つの狩猟スタイルを収録しています。今作の注目ポイントは、G級ハンターになった者のみが防具の見た目と性能を自由に組み合わせできる「防具合成」や「アイテムお届け隊」など今までに無い新しい要素を搭載しております。新要素を沢山搭載したモンスターハンターダブルクロスを友人と共にSwitchを使って存分に楽しむことができます。

ドラゴンボール ゼノバース2 for Nintendo Switch

自分が主人公となり歴史を守る!友達と熱い対戦も楽しめる!

自分自身がタイムパトローラーになり、巨大都市「コントン都」を舞台に、ドラゴンボールの歴史を守るために闘うアクションゲームです。逃げる敵に向かって全力ダッシュする「オーラバーストダッシュ」や相手の体勢を崩す「ヘビースマッシュ」やキャラクターごとの必殺技など様々なアクションを駆使しながら相手と戦います。そして今作の注目ポイントは、総勢87のキャラクターを使うことができます。歴代有名キャラクターや最新キャラクターまで幅広く登場するので誰でも気軽に楽しむことができます。

ポケモン ポッ拳 POKKEN TOURNAMENT DX

お気に入りのポケモンを使って爽快感あふれるバトルを楽しもう!

今作は昔ながらの戦闘とは違い格闘ゲームのようにポケモンが1対1で戦い、生き生きと描かれたポケモンたちの爽快感あふれるバトルを楽しめる対戦型アクションゲームとなっております。モードの一つに「チームバトル」というものがり、3匹のポケモンでチームを組んで対戦できます。はたまた「グループマッチ」ではインターネット上で激しいバトルが楽しめます。最近ではバトルポケモンに「ジュナイパー」が初参戦していたので、これからも盛り上がりを見せる面白い作品の一つだと思いました。

人気のPCゲーム

PUBG

“100人参加型バトルロワイヤル” 武器を手に最後まで生き残れ!

2017年に大ヒットしたPCゲーム『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』、略称『PUBG』。プレイヤー100人が広大なフィールドに降り立ち、武器やアイテムを現地調達しつつバトルロワイヤルするオンラインゲームです。このゲームの終了条件は最後の一人になって優勝するか他のプレイヤーに倒されて終わるかの2つだけです。モードには1人で戦うSolo、2人1組で戦うDuoモード、4人1組で戦うSQUADモードがあり友人とタッグを組んでワイワイ楽しむのも一つの手です。

ゴーストリコン・ワイルドランズ

リアルな世界を最初から最後まで最大4人でオンライン協力プレイ!

本作は広大なオープンワールドで繰り広げられるメインストーリやサブミッションを、最初から最後まで最大4人でのオンライン協力プレイに対応しています。今時協力プレイ対応なのは珍しい事では無いと思いますが、広大過ぎるフィールドを友達と自由に行動出来る点が素晴らしいと思いました。例えば敵の基地がある場所まで全員が同じ車に乗って移動するのもよし、1人はヘリコプターで上空から、別の人はボードに乗って別行動を取る事も可能なので、大規模な連携プレイができます。ここまで大規模なマップを最初から最後まで4人で遊べるというのは凄い時代になったと思いました。

レインボーシックスシージ

屋内で繰り広げられる攻撃側と防衛側の熱き戦い!

今迄のFPSゲームだと「広いフィールドで左右の陣地に分かれて戦闘をおこなう」といったものが多いですが、本作は今迄とは違い「特殊部隊vsテロリスト」という作品なので、人質をとったり爆弾を持って建物に立てこもったテロリスト(防衛側)と、人質を奪還したり、爆弾を解除するそれを制ために建物に侵入・突撃する特殊部隊(攻撃側)に分かれて戦います。テロリスト側(防衛側)は侵入してくる特殊部隊(攻撃側)を迎撃し人質や爆弾を守り、攻撃側はターゲットを奪取するために仲間と連携して突撃するという、今迄のFPSゲームとは一味も二味も違った楽しみがあるゲームです。

デッドバイデイライト

仲間と連携して恐怖の殺人鬼から逃げ延びろ!

Dead by Daylightのゲーム性は実にシンプルで、殺人鬼が鬼で、人間4人が協力しながら逃げる鬼ごっこゲームです。しかし、ただ走っているだけではクリアになりません。4人の生存者はフィールド上にランダムに生成された発電機を5台修理しなければ、脱出ゲートを開けることが出来ません。発電機を仲間と連携しながら修理していくのですが、もちろん殺人鬼がそれを阻止してきます。殺人鬼1人と生存者4人の駆け引きをドキドキハラハラしながら楽しむ事ができる面白いゲームです。

スカイリム

どこまでも自由に探索できるオープンワールド!圧倒的なボリュームと面白さ!

数多くの賞を受賞し、多くのゲームファンから今も愛され続けている『スカイリム』。広大な世界でメインクエストをひたすら追いかけるもよし、人々と交流しながら多数のサブクエストを攻略するのもよし、絶景探しの旅をするのもよし、スカイリムの楽しみ方は無限大!貴方次第でどんな楽しみ方もできるこのゲームは是非一度プレイしてほしいゲームの一つです。

7Days to Die

死にたくなければ知恵を絞れ!7日に一度発生するゾンビの大襲撃

『7 Days to Die』はウォーキング・デッドの世界観でマインクラフトの様なクラフト要素のあるゾンビサバイバルゲームです。このゲームはとてもリアルで、生き延びるには食料はもちろん水の確保が必要です。広大なマップにはゾンビが数多く徘徊していて、7日に一度「フェラルホード」と呼ばれるゾンビの大襲撃もありゲームの最中は一瞬たりとも気を抜けない緊張感があります。生き続けるためには知恵を絞らなければなりません。あなたの知識や知恵、行動で何日間生き残れるか…是非一度プレイしてみてください。

Friday the 13th: The Game

映画「13日の金曜日」あの恐怖がゲームになって帰ってきた…!

映画「13日の金曜日」をテーマにしたホラーサバイバルゲーム『Friday the 13th: The Game』。とても有名な殺人鬼ジェイソンVS生存者7人のドキドキハラハラ鬼ごっこゲーム。7人の生存者はキャラクターごとに特性があります。例えば、隠密行動が得意、攻撃が得意、逃走が速いキャラクターなど様々、その中で一人を選びます。生存者の勝利条件は時間切れになるまでひたすら味方と協力して逃げるか、部品を集めて車や船で逃げるなど様々な方法があります。友達とドキドキしながら殺人鬼ジェイソンから逃げ延びよう!

GTA5

スバ抜けた最大級のフィールドで自由に遊び尽くす!

『GTA5』はいつまでも遊んでいられる程広大なオープンワールドを舞台にしたゲームです。開始地点からさっそく車を奪ったり、銃を手に入れたり自由に探索ができます。大都市ロスサントスでは薬物依存者、暴力的なギャング、パーティ好き、バイカーなどありとあらゆる住人に出会うことができます。時には汚い仕事、時には人助け、メインミッションやサブミッションが沢山含まれているうえに広大なマップを自由に探索できるとなるとずっと遊んでいたくなるゲームだと思います。

The Division

“崩壊したニューヨーク”治安回復を目指すディビジョンエージェント達

生物兵器テロにより崩壊したニューヨークを舞台に繰り広げられる治安回復部隊:ディビジョン達が協力して困難に立ち向かう物語。プレイヤー自身がエージェントの一員となり、ニューヨークの秩序を取り戻すために様々な人間と戦うRPGゲームです。4人でマルチプレイもできるので、難しいミッションなどは友人と楽しみながら攻略する事もできます。

ダークソウル3

絶望的な困難に立ち向かいながらクリアを目指す!

『ダークソウル3』は最近発売されたゲームの中でもグラフィック面はかなり綺麗だと思います。ムービーが終わると自分が操作するキャラクターを作成します。顔や体型などかなり細かく調整できるので自分好みのキャラクターを作ることもできます。作成した自分のキャラで立ちふさがる数多くの雑魚敵やボスを倒しながらクリアを目指します。このゲームの雑魚敵は他のゲームとは違って結構強い方なので、敵を観察しながら動きを読んで攻撃を与えていくなど戦略性もあります。最初は難しいかもしれませんが、時間をかけてボスキャラを倒した時の達成感は他の作品では味わえない程得られました。何回もゲームオーバーになりながら相手の特徴を掴むために何回もリトライして達成する…その達成感を味わってしまったらもうやめられない。

人気のボードゲーム

カタンの開拓者たち

無人島の開拓競争!5つの資源をめぐるプレイヤー同士の読み合いが面白い!

全世界で2,000万個以上も売れたドイツ発の大ボードゲーム「カタンの開拓者たち」。このゲームは「カタン島」という無人島を舞台に、自分が保有する島を開拓していき「街の数」や「道の長さ」を競い合うゲームです。「開拓地を増やす」「街を成長させる」「道を拡張する」が主なアクションで、10点先取した人が勝利します。島の開拓には「資源」が必要不可欠で、プレイヤー間で「資源の交易」を行いながら自分の領地を拡大していきます。
「カタンの開拓者たち Die Siedler von Catan」

カルカソンヌ

“自分を育てる”か、”相手を潰す”か。やることは、引いたタイルを並べて駒を置くだけ

道や街を作って得点を競うという非常にシンプルなルールですが、世界大会が行われるほど多くの人々に愛されているボードゲームでもあります。街や道が完成した時に自分の駒が置いてあるとポイントを得ることができ、使っているタイルが多ければ多いほど得点は高くなっていきます。
「カルカソンヌ(Carcassonne)」

ラブレター

短時決着型の最定番カードゲーム!

プレイヤーの目的はとある国のお姫様にラブレターを届けること。様々な役職の人に渡して出来るだけお姫様に近い身分の人にラブレターを渡しましょう!ルールはとにかくシンプル。16枚のカードをシャッフルして1枚だけ抜きます。そして全員に1枚ずつカードを配り、残りのカードは山札とします。1枚引いて1枚捨てるを繰り返していき、捨てるときに必ずカードの効果に従います。カードの効果によって脱落したプレイヤーは手札を公開します。
「ラブレター(Love Letter)」

宝石の煌めき

宝石の魅力に取りつかれた!? カードコレクション・獲得ゲーム

プレーヤーは、色とりどりの宝石に魅せられた商人の1人。商人ギルドの長となり、鉱山から得られる原石をもとに資産を築いて職人たちを雇い地位や名声を得ていくボードゲームです。 内容は実にシンプルで、5種類の宝石と黄金を引き換えに発展カードを獲得していき、そのカードに記載されている点数の合計となる名声値を競います。この名声値がゲーム終了時点で一番高かったプレーヤーが勝利します。 内容は、バランスの良いゲームとなっています。
「宝石の煌き(Splendor)」

6ニムト

牛を引かないようにカードを出せ!大人数でやれば大盛り上がり必至の大人気パーティゲーム!

牛、牛、牛。とにかく牛が主役のボードゲームです。獲得した牛の頭数が一番少なかったプレーヤーが勝利する、パーティ系カードゲームです。最大で10人まで遊べるのが特徴です。 カードには1から104までの数字が書かれているカードが1枚ずつあり、それぞれに牛が1頭から最大7頭まで描かれています。まずはこれらをシャッフルして、上から4枚のカードを引いてそれぞれの列に配置します。次に各プレーヤーに10枚ずつカードを配り、ゲームを開始します。
「6 ニムト(6 nimmt!)」

ドミニオン

デッキを構築しながら再強化!成長型ゲームの最定番といえばこれ!

自分の王国を発展・拡大し、他の王国と競い合うデッキ構築型ボードゲームです。ドミニオンとは「領土」のことですが、実際に領土を取り合う訳ではありません。自分の所持するカードの束(デッキ)が、いわゆる王国の「財産」です。そのカードを使用して新たなカードを購入したり不要なカードを破棄したりして、自分のデッキを強くしていくことが王国の発展となります。 最終的に自分のデッキにあるカードの「勝利点」が一番多いプレーヤーが勝利します。
「ドミニオン(Dominion)」

犯人は踊る

犯人は、この場所に集まった私たちの中にいる――。

犯人は踊るは犯人カードの持ち主を当てる推理カードゲームです。 ルールはとても簡単です。「第一発見者」を配られた人がスタートプレイヤーとなり、順番に手札を出しカードに書かれたアクションを行っていきます。例えば「うわさ」の効果は全てのプレイヤーは右隣りのプレイヤーの手札からカードを1枚引くことになります。 また「目撃者」は誰か一人の手札を全て見る事が出来ます。
「犯人は踊る(Dancing Criminal)」

ハゲタカのえじき

「数字の読み合い」「熱い駆け引き」で盛り上がる定番ボードゲーム!

ハゲタカのえじきは、「数字のじゃんけん」とも呼ばれるボードゲーム。自分の手札から出しだ数字を相手と比べて得点をゲットするだけの簡単なルールですが、読み合いと駆け引きが楽しめ、とても盛り上がるボドゲです。 プレイヤーにはそれぞれ、1から15までの数字が書かれたカードが渡されます。 これが、数字比べのカードになります。全員で伏せてカードを出し、一番大きい数字のカードを出した人が勝ちです。
「ハゲタカのえじき(Raj / Hol’s der Geier)」

ごきぶりポーカー

ブラフとハッタリが勝利の近道?キモ~いカードを押し付け合う心理戦ゲーム

ゴキブリ、クモ、ネズミ、カメムシ・・・そんないや~な動物達を、相手に押し付けるっ!!ごきぶりポーカーはそんなボードゲームです。 でも、そんなキモ~いカード、どうやって押し付ければいいの?ここにこのボドゲの面白さが詰まっています。それはずばり・・・ブラフとハッタリです!!押し付けてやりたいカードを伏せて相手に渡して、これはゴキブリです!」と声高らかに宣言してあげましょう。そのカードがゴキブリでもゴキブリでなくても関係ありません。
「ごきぶりポーカー(Cockroach Poker)」

バトルライン

ポーカー×陣取りゲーム!? 戦略力が試される2人専用カードゲーム

バトルラインは、9つのフラッグを奪い合う2人専用のボードゲームです。先に5つのフラッグを取るか、隣り合った3つのフラッグを獲得できれば勝ちとなります。 奪い合うのに使うのは1~10まで番号が振られた6色のカード。これらをフラッグの前に置いて、3枚1セットで役を作って勝負をします。役自体はポーカーを思い出せば簡単に覚えられるでしょう。同じ色、連続した数字を出す事で完成します。
「バトルライン(Battle Line)」